建物の概要

4. 主要設備

1. 柔道用床転換システム

浮上式柔道用床転換システム

2. 大型映像表示システム

大型映像表示装置2基

3. 省エネ関連

  • 太陽光発電/透光性太陽電池(10キロワット)採用
  • 雨水利用/貯溜量480m3
  • 照明制御/必要箇所に人感センサーを設置

4. 主道場観覧席

1階 988席(収納式移動観覧席)
2階 2,896席(固定観覧席)

浮上式柔道用床転換システムのご紹介

新武道館の主道場に整備する「柔道用床転換システム」は、試合場1面を1基とし、床面に向かって高圧の空気を噴射して本体を浮上させる仕組みとなっており、人力で搬送することができるうえ、床面を傷める心配もありません。省スペースを図るため、通常は折り畳んだ状態で地下ピットに収納し、展開する際は、道場床の一部が昇降する「せり舞台」を利用して搬出します。同様の型式では世界初となる設備です。

浮上式柔道用床転換システム 収納時
収納時
浮上式柔道用床転換システム 展開中
展開中
浮上式柔道用床転換システム 展開後
展開後

メニュー

  1. コンセプト
  2. 外観及び内部
  3. 県産材・県産品
  4. 主要設備